美容整形の料金のしくみ

美意識の高い人がおこなうというイメージだった美容整形ですが、なかには「プチ整形」といわれる日帰り入院で行える簡単なものがメジャーとなってきています。
価格も50000円~と非常に安く施術できるのも魅力のひとつです。

ですが、1つ1つは安いけれど合計の費用はいくらかかるのか?保険は適応されるのか?といった疑問も同時に浮かんできます。
では、美容整形の料金設定はどのような仕組みになっているのでしょうか?

美容整形は、病気やけがではないので保険適用外となります。
エステ同様「美容目的の施術」となるわけです。
そのため、自由診療となり全額自己負担となります。
自由診療の場合は医師が診療報酬を設定できる仕組みになっています。
そのため、クリニックによって金額はまちまちとなり、カウンセリングが無料のところと有料のところがあるのです。

行う施術によっては以下が保険が適応される場合があります。
ほくろ除去(悪性の場合、危険性があるとみなされた時のみ保険適応)
眼瞼下垂(保険適応され、一部自己負担)
眼瞼外反修正術(保険適応され、一部自己負担)
逆まつ毛
ワキガ治療
健康保険の認定を受けている事が前提です。
また、カウンセリングは自己負担の場合もあるので事前に確認しておきましょう。

美容整形は保険適応外と思いがちですが、上記以外にも施術内容や、クリニックによっては適応されるケースがありますし、自由診療なので受診する前に何ヵ所か施術料金を比較しておくのがオススメです。

美容整形と肌環境

美容整形は自分のコンプレックスなど改善・補うためにする人が多くいます。一重を二重にしたい、鼻を高くしたい、エラが気になるから削りたいなど希望は様々で、主にカラダの中でも顔のパーツに対して美容整形をおこなう人がいます。

最近では肌質をプラセンタやヒアルロン酸注射などおこなう事で肌の潤いやハリを取り戻すといった美容整形も増えてきています。TACクリニックではリフトアップに使用する糸にヒアルロン酸が配合している施術もあるようです。

ただ肌質に関していえば、普段のスキンケアでもできる範囲の事はあると思うので、肌環境で悩んいる人は、まず日頃のお手入れを見直してみるのもいいと私は思います。

美容整形だけでは改善できない体型

どんなに優れた美容整形であっても改善できないのが体型です。美容整形のなかでも脂肪吸引などを利用して”表向きの体型”は整える事ができますが、ボディラインの維持に必要な筋肉やインナーマッスルは整形できません。

「顔だけじゃなく体型もキレイにしたい」という女性はジムに通うなどして、日々ボディラインに磨きを掛けていますが、世の中の女性全員ができるものではありませんよね。

そんな美容整形だけじゃなく体型も美しくなりたいけど、仕事や金銭的問題でジムやプライベートジムに費用を払う事ができないという人に、オススメなのが加圧商品です。最近では加圧シャツや加圧ブラトップが有名ですが、そのなかで最近注目を浴びているのがダブルエクサ(Wexa)です。

加圧ブラトップとエクササイズ動画が一緒になった、自宅できる新ダイエット法でSNSを中心に話題が広がっているみたいです。

美しさを作るのはお金だけではなく頑張りも大事になるので、もし美容整形前にまずは体型を!という人がいましたら、参考にしていただければ幸いです。

このページのトップへ