保険が適用される治療

美容整形は保険が適応されないと思いがちですが、内容によっては保険が適応されるとご存知でしたか?
「病気を治療する」という目的で施術される美容整形は保険が適応されるのです。

今回は意外と知られていない保険が適応されるケースを一部紹介したいとおもいます。

「ほくろ除去」 悪性またはその危険性があるとみなされた場合。
「ワキガ治療」 手術が必要なほど重症と診断された場合。
「眼瞼下垂」  瞼が垂れ下がり、目が開きにくい症状です。頭痛の原因になるともいわれています。
「眼瞼反修正術」筋肉のたるみが原因で下瞼が反り返ってしまう症状。
「逆まつ毛」  下向きにまつ毛が生えており、眼球を傷つける危険性があります。
「二重整形」  老化からくる病気と診断された場合。
「顎変形症」  顎が変形して歪みが酷く、外科的矯正治療を伴う場合のみ。

この保険適応の施術は、健康保険の認定を受けているクリニックである事が大前提となってきます。

それ以外にも、受けたい治療によっては保険適応外になる場合もあります。
たとえば、医師が施術が必要とみなしても保険組合が認めなければ、保険適応外となってしまいます。
また、クリニックによっては施術は保険が適応されても、カウンセリングは自己負担になるところもあり、結果「カウンセリング費用で高くついてしまった」という話も耳にします。
こういったことを回避するためにも、事前にクリニックへ問い合わせる際に、詳しく確認する事が必要となってきます。

このページのトップへ