整形がバレないための言い訳

整形をすると特にバレやすいのが目です。
整形をした時に言い訳を考える人は半数近くいると言われています。
どのような言い訳がバレずに周囲に納得してもらえるのでしょうか?
「成長」
「毎日アイプチを使っていたら二重になった」
「片方だけ二重だったからもう片方も二重にした」
「痩せたら二重になった」

など、いろいろな理由があります。

成長や、痩せたらといった理由は現実味がありますが、整形後に知り合った人でないと通用しなさそうです。
納得されやすいのは、アイプチを使用して、片方二重だったからもう片方整形したという理由です。
これならいきなり二重になっても納得されやすそうです。

目同様ばれやすいのが「あごの整形」です。
正面からではわかり辛いですが、横顔を見れば一目両全です。
人と接するときは大抵が横顔か斜めに顔を向けており、本人が思うよりも周囲は気づきやすいものです。
そんな時に言い訳に使えるのが「歯科矯正」です。
歯並びが変わったせいであごのラインが変わったと言えば信憑性もでて信じてくれるでしょう。

鼻も目同様「痩せたら」と理由が使えます。
実際痩せると頬の肉が減り鼻の印象も変わってきます。
いまでは「整形メイク」があるくらいですし、メイクして人に会う場合はバッチリメイクをして「メイクのせい」と言えば十分通用しそうですね。

 

以上、整形がバレないための言訳でした。
こうして挙げてみるといろいろと理由が出てくるものですね。
できれば整形したことを周囲にバレずに過ごしたいものです。

このページのトップへ